ワームスペースで発症しやすい「ほっこり症候群」に注意!

それは、我々GAMILAS Security and Logstic Serviceの有する緊急医療フリート「救済フリート」の活動中のことでした。

鉱石サイトにソーラックスがいる。

という仲間の報せに、我々はアシュトラハスより緊急出動しました。

皆さんもご存じのとおり、ソーラックスはガレンテの有する巡洋艦のひとつです。恐らくワームホールを見つけた喜びの余り飛び込んでしまい、迷い込んでしまったのでしょう。我々は先遣隊の続報を待ちます。

ソーラックスが採掘を始めた

誰もが耳を疑いました。ソーラックスはレトリーバーではありませんし、ソーラックスはコベトアーではありません。救済フリートの空気は一瞬に緊張へと変わります。

彼の行方は今は置いておきましょう。今日はこんな思い出話をしに来たのではありません。

  • ワームホールからホームステーションへ送ってあげたのに4回も5回も同じワームホールに戻ってくる
  • メルディクションがハッキングしている
  • ワームホールでイタロンが採掘している(※1)(※1-2)
  • シンがハッキングしている
  • 「戦争なのでむやみにハイセクを飛ばないでね」と言っているのに飛んで交通事故に遭い亡くなる(※2)
  • イビスがニューエデンで最も強力な艦船だという説を提唱し続ける(※2)
  • とりあえずワームホール前で浮く(※2)
  • なんでベンチャーで来るんですか!戦闘艦って言ったでしょ!(※2)
  • 輸送艦は戦闘艦じゃねーから!(※2)

(※1)この症状を呈したカプセラの親戚にKatana Masenという名前のカプセラが居ることを隊員が報告しています。奇遇にも彼は救済フリートの隊員であり、設立者の一人です・・・。(※2)おーい!甘酒さん見てます?隊員一同、一刻も早い回復をお祈りしております!

(※1-2)隊員の一人が、その様子を撮影することになんとか成功しました!以下がその写真です。

これらの奇怪な行動とワームホールに何らかの結びつきがあるのは明らかです[ほんまに?]

以来我々は日々研究を進めています。発見に最も尽力したAmazake Hokkori氏の功績を称えて「ほっこり症候群」と呼ばれるこの症候群は、非常に多様な症状を呈します。以下に一例を挙げましょう。

  • 突然戦闘艦や輸送艦で採掘を始める
  • 突然戦闘艦でサルベージを始める
  • ワームスペースがニューエデンで最も安全な地域だと思い込む
  • 気が付いたらVキーを連打している

残念なことに、ほっこり症候群に能動的に働きかけられる手段を我々はまだ持っていません。

 

我々は引き続き調査を進めるとともに、ワームホールに迷い込んだカプセラの救済活動も継続して行っていくつもりです。

そして、ともに活動にできる仲間を常に募集しています!ほっこり症候群の謎の解明にぜひあなたの力を貸してください!

 

救済フリート隊員 大江田征爾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)